【必見】髪の毛をきれいにするために重要な栄養素とは?

カラーやパーマで傷んでしまった髪の毛や、パサつく髪の毛、切れ毛や枝毛、白髪さらには薄毛など、髪の毛に関する悩みは尽きません。
そこで、髪の毛にいい栄養素と、その栄養素を効率よく取れる食べ物を紹介します。

・タンパク質
髪の毛の90%はケラチンというタンパク質でできているため、タンパク質が不足すると色素細胞の機能が低下して白髪が増えたり、髪が細くなって薄くなったりします。
・DHA,EPA,aリノレン酸
オメガ3脂肪酸と呼ばれるものです。
髪の毛幹を作ったり、頭皮の細胞を作り、髪を強くしたり成長を促したりするのに必要な栄養素です。
・ビタミン
ビタミンは、他の栄養素が円滑に働くために必要な栄養素で、体内で作られることはなく、食事で摂るしかないものです。
各種ビタミンによって神への影響が違うので、バランスよく摂取しましょう。
・ミネラル
抜け毛の原因を抑制する亜鉛や髪の老化を防ぐ抗酸化作用がありますが、こちらも体内では作られないので、食べ物から摂取しましょう。

これらの栄養素を摂るために食べたいものは、
・たまご(タンパク質を多く含む)
・青魚(オメガ3脂肪酸が豊富)
・クルミ(aリノレン酸やビタミンEを多く含み、髪を美しく保ってくれる銅も豊富)
・海藻(ミネラル、ビタミン、食物繊維が豊富)
・ビターチョコレート(カカオにタンパク質やビタミン、ミネラルが多く含まれている)
などです。
ヨーグルトもタンパク質やビタミンが豊富なので積極的に摂りましょう。

これらの栄養素をバランスよく摂取して、日本人らしい綺麗な髪の毛を保ちましょう。